額縁・額装 2017年9月29日

額縁のイメージを伝えるのに役立つ「クラシック」「モダン」という言葉

早いもので、9月ももう終わりですね。

最近、月日が過ぎるのが早過ぎて、心が全然追いついていない・・・^^;

高山ガクブチオンラインの事務員Hです。

 

さて、本日は、額縁選びの際に役立つお話。

皆さん、「クラシック」「モダン」という言葉はよく耳にすると思いますが、

一体どんなイメージのことか、うまく想像することができますか?

例えば、例題として、

「クラシックな絵画を入れる額縁を探しているけど、和室に飾るのでモダンな額縁に入れて、クラシックモダンな部屋にしたい。」

何だか、なぞなぞみたいになってしまいましたね^^;

 

まず言葉の意味を調べると、

「クラシック」は「古典的・伝統的な」

「モダン」は「現代的・今風」という意味です。

2つは、相対する反対語ですね。

 

額縁は、ざっくり大きく2つに分けるとすると、

「クラシック」か「モダン」の2つに分けられます。

額縁で「クラシック」というと、

豪華な装飾が施された、ヨーロッパの古典絵画によく使われているような、

以下のような額縁のことを主に指します。

そして、額縁で「モダン」というと、

シンプルで、鋭角的、直線的なイメージを持つ、

例えば以下のような額縁のことを指します。

額縁店で自分の欲しい額縁のイメージを伝える際に、

「クラシックな」「モダンな」という言葉を使っていただくと、

ちょっと格好が付きますよ^^

 

「ゴールドのクラシック額」「和風なモダン額」とか言っていただくと、

スタッフもお客様のイメージしている額縁を探しやすくなりますので、

ぜひ使ってみてください。

◎追伸:
ご使用の場合は、用法用量を守って正しくお使いください(笑)