額縁・額装 2017年11月1日

額縁のお辞儀を簡単に直す方法

こんにちは。
高山ガクブチオンラインの事務員Hです。

今日から11月がスタート。
2017年、残り2ヶ月間もよろしくお願いします<(_ _)>ぺこり

さて、本日は「額のお辞儀」について考えてみた話。
「額 の お 辞 儀 ? ? ?」って何??

それは、額縁の裏側の額紐も使って、額縁を壁に掛けた場合に、
額縁が少し前傾してしまう状態(お辞儀しているように見える)のことです。

非常に細かいことですので、
多くの人があまり気にしていない問題なのですが、
絵をより美しく見せたい美術館の学芸員さんや、
ギャラリーで個展をする人たちなどにとっては、
とても気にする問題です。

やはり絵は真正面から見た方が美しく見えますし、
この傾きひとつで、見た目の印象は結構違います。
より安定感が出て、堂々として格好良く見えます。

今回は、ご自宅の額縁の前傾(お辞儀)を
DIYで簡単に直す方法をお教えします。

方法はとっても簡単。
額縁裏側の左右下部分に、ゴムやスポンジ素材のもの
両面テープなどで取り付けるだけです。

額縁専用のものでなくても大丈夫です。
ちょうどお辞儀が直るぐらいに厚みのものを、
外から見えないように、額縁の少し内側に取り付けるのがポイントです。

この方法を実施していただくと、
額縁と壁の間に適度な隙間ができるため、
壁の傷つけ防止や、通気性アップの効果もありますよ。

ぜひお試しになってみてください。