額縁シミュレーター利用方法 2019年1月11日

サンプル画像を使って額縁シミュレーションを始める方法

オーダー額縁シミュレーターのご利用方法ガイド。

前回の記事で、「作品画像を取り込んで額縁シミュレーションを始める方法」をご紹介しましたが、今回は作品の画像が用意できない場合、サンプル画像を使ってシミュレーションを始める方法や注意点をご紹介します。

試しに額縁シミュレーターを使ってみたいという方は、こちらの方法をご利用いただければ、すぐに額縁シミュレーションをスタートすることができます。

サンプル画像を使って額縁シミュレーションをスタート!

額縁シミュレーターのトップページから、[サンプル画像から選択して進める]ボタンをクリックします。

サンプル画像を選択する

サンプル画像の一覧画面が開きます。「写真」「カレンダー」「絵ハガキ」「絵画」「ポスター」「その他」の中から、イメージに近いサンプル画像をクリックして選択してください。

サンプル画像を選択できたら、[次へ]ボタンをクリックします。

サイズの設定をする

次にサイズの設定の画面が開きます。サンプル画像を使って額縁シミュレーションを行う際も必ずサイズの設定が必要になります。仮で良いので任意のサイズ(縦/横/厚さ)をミリ単位(mm)で入力してください。

【ポイント!】
試しにシミュレーションをする場合、まだ具体的なサイズが決まっていないことが多いと思います。A4サイズやA3サイズなどの規格サイズを仮に入力してシミュレーションを進めましょう。具体的なサイズ(mm)は、「参考:主な作品サイズ」リンクから確認することができます。

サイズの入力が完了したら、[次へ]ボタンをクリックします。

サンプル画像の取り込み完了!

指定したサンプル画像が額縁シミュレータに取り込まれます。画像が取り込まれると、初期設定のフレームとマットが設定されています。好みのフレームやマットに変更してオーダー額縁のシミュレーションをしてみてください。

【注意事項】
サンプル画像を使って、額縁シミュレーターからお見積もり・ご注文をいただくことも可能ですが、サイズの設定は、実際に額装する作品を採寸して、正確なサイズを入力してください。仮のサイズ設定では、作品が正しく収まりません。

フレームやマットの設定方法ついては、別の記事でご紹介します。